大進建設

社員ブログ

2017.08.23(水)

線香花火

未分類

朝礼の最後に「職場の教養」という本を読んでいます。
正確には司会の方が読んでくださるのを聞いているのですが、
今日は「線香花火の物語」というタイトルでした。
その一部を抜粋すると…

線香花火は火がついてから落ちるまでの間に火花の様子が4回変わることをご存知ですか。
最初にチロチロと膨らんで燃える様が「牡丹」
次にパチパチと勢い良く音が鳴る「松葉」
だんだん火足が下がるのが「柳」
細い火花が1本また1本と消えていくのが「散り菊」
この燃え方は昔から人の一生にも重ねられてきました。
この世に生を享け、すくすく育つ様が「牡丹」
「松葉」は青春時代から働き盛りの時期。
人間的にも円熟味を増して「柳」になり
最後は衰えて散り火が消える「散り菊」
1本の線香花火に使われる火薬の量はわずか0.07グラム(耳かき2杯程度)。
そこに人生をもなぞらえるあたり、日本的な感性があるのかもしれません。

朝礼後、同年代の広報部 髙田さんが「私たち、今どの辺りかな?」と。
牡丹・松葉・柳…それとも散り菊?
皆さんの人生、線香花火では今どの辺りでしょうか。

線香花火の儚さ。
まだまだ残暑厳しい毎日ですが、夏の終わりに趣のある良いお話を聞かせていただきました。

 

 

「第12回いせさき大進まつり」
日時 9月10日 日曜日 午前10時~午後3時(入場は午後2時まで)
会場 伊勢崎商工会議所

今年も「大進建設太鼓隊」で和太鼓を叩かせていただきます。
よろしければ是非!

詳細につきましては下記URLでチラシをアップしております。
よろしければご覧ください。

https://www.dkensetu.co.jp/blog/2017/0822_1756.html

 

尚、当日のメインステージでパフォーマンスを予定しておりました
前橋工科大学ジャグリング部GRIPは都合により出演取り止めとなりました。

又、チラシに記載はございませんが
「よしもと群馬住みます芸人 アンカンミンカン」 さんの出演が決定致しました。
会場内の賑やかし?「いせさき大進まつり」を盛り上げます!
会場内で見かけたらぜひ声を掛けてください!

http://47web.jp/gunma/
http://ankanminkan.com/index.html

 

総務部 大橋