大進建設

社員ブログ

2022.04.17(日)

ボーナス返済に頼りすぎて…(営業 津久井)

未分類

皆さんこんにちは。
営業の津久井です。

住宅ローンというものは、その仕組が複雑で、種類や取り扱う金融機関が多いことから、どれを選べば良いのかすら分からないという方も多いと思います。
そこで住宅ローンの失敗例をご紹介したいと思います。

 

「ボーナス返済に頼りすぎて…」
住宅ローンは、ボーナス返済を利用することで返済額が少なくなるというメリットがあります。
しかし、これを利用する場合は少し注意が必要です。
ボーナス返済を増やすほど毎月の返済額が少なくなり、返済期間を短くすることもできますが、ボーナスの支給は勤務先の業績に大きく左右されてしまいます。
多少の減額程度であれば何とかなるかもしれませんが、社会情勢、経済情勢によりボーナスの支給自体がなくなってしまう…なんてリスクもあります。
他にも、転職してみると転職先はボーナスの制度が無かったということもあり、返済が厳しくなってしまうケースも考えられます。
このようなリスクを考慮すると、ボーナス返済に頼りすぎるのはあまりおすすめできません。
基本的には月々の返済だけで済むような計画を立てましょう。

次回は「繰り上げ返済」についてお話します。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

新築営業 津久井

 

 

2022.04.10(日)

繰り上げ返済(営業 津久井)

未分類

皆さんこんにちは。
営業の津久井です。

住宅ローンというものは、その仕組が複雑で、種類や取り扱う金融機関が多いことから、どれを選べば良いのかすら分からないという方も多いと思います。
そこで住宅ローンの失敗例をご紹介したいと思います。

 

 

「繰り上げ返済」
住宅ローンは、返済中にまとまった金額を前倒しで返済する「繰り上げ返済」があります。
繰り上げ返済は利息の負担を減らし、毎月の返済負担を軽くしたり、返済期間を短くすることができるというメリットがあります。
こういったメリット面から積極的に繰り上げ返済を考える方も多いのですが、無計画な繰り上げ返済は家計の大きな負担となる場合があります。
人生の中には転職や病気などで収入が減ってしまうこともありますし、万が一のときに困らないように、ある程度まとまったお金を残しておくべきでしょう。
したがって、繰り上げ返済を検討する場合は、万一のことを考えて少し先の家計に負担が出ないような範囲で行うことをおすすめします。
また、タイミングによっては繰り上げ返済よりも住宅ローン控除のほうがお得ということもあります。
住宅ローン控除とは、ローン残高の1%分の金額を所得税・住民税から差し引ける制度です。
年末時の住宅ローンの残高の1%が住宅ローンの控除限度額とされているため、利息よりも住宅ローン控除で戻ってくる金額のほうが多い可能性もあります。
(令和4年の税制大綱では1%→0.7%になる閣議決定となっております)

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

新築営業 津久井

 

 

2022.04.03(日)

団信未加入(営業 津久井)

未分類

皆さんこんにちは。
営業の津久井です。

住宅ローンというものは、その仕組が複雑で、種類や取り扱う金融機関が多いことから、どれを選べば良いのかすら分からないという方も多いと思います。
そこで住宅ローンの失敗例をご紹介したいと思います。

「団信未加入」

団体信用生命保険とは?
万が一のときに住宅ローンが完済される生命保険

団信は団体信用生命保険の略です。
住宅ローンの契約者が死亡または高度障害状態になり、ローンの支払いが難しい状況に陥った際に、保険会社から金融機関に残りのローンの返済が行われる生命保険のことをいいます。

住宅ローンは長期にわたって返済するもの。
返済期間中に契約者の身にトラブルが起きる可能性もあります。
そのため住宅ローンを契約する際は万が一に備えて「団体信用生命保険」に加入するのが一般的となっています。

民間ローンの場合は団信が必須ですが、フラット35の場合は任意のため加入しないでも借り入れすることができます。
フラット35の場合は、団信の保険料が金利に含まれているケースが多くなりましたが、加入しなければ金利が安くなるというメリットから加入しない人もいます。

しかし、団信に加入しないことで返済総額が安くなるとしても、将来的なリスクが残ります。
団信に加入していない場合、借入者に万一のことがあった場合、残されたご家族が返済を続けなければなりません。

団信はリスク回避のために加入するものなので、目先のお得さに惹かれるのもわかりますが、よほどの事情がない限りは加入することをおすすめしています。

次回は「ボーナス返済」についてお話します。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

新築営業 津久井

 

【2022年4月3日 江木モデルハウス プレオープン】
上毛新聞コンセプトホーム 前橋江木会場 内

大きく裾野を広げた赤城山に守られ、四季折々の美しい自然の景色が楽しめる前橋ローズタウンに 江木モデルハウス が誕生します。
「日々の暮らしを楽しむ」をコンセプトに、家の中に居ながら「安らぎ」と「ワクワク」を感じられる暮らしを提案するモデルハウスです。

当社江木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/blog/2022/0222_14376.html

【上毛新聞コンセプトホームとは?】
コンセプトで統一された 「くらせる展示場」
上毛新聞おすすめの住宅会社が、統一コンセプトでREALサイズのモデルハウス「コンセプトホーム」を本気で設計。
住宅展示場として期間限定で公開した後、分譲販売いたします。
上毛新聞コンセプトホームは各社の自信作が建ち並ぶ期間限定の展示場であり、それらが建ち並ぶ会場は、コンセプトに共感し、住まう人々が風景を分かち合って暮らす「街」でもあります。

【総勢15社が「間(ま)のある家」を提案する】
上毛新聞コンセプトホーム第一弾の会場は前橋江木。
「間(ま)のある家」をコンセプトに、大手ハウスメーカーから地元工務店まで総勢15社が腕を振るいます。
各社が自信をもって提案する“間(ま)”を、会場で比べてみてください。

【共通コンセプト/間(ま)のある家】
「ウチ」と「ソト」をつなぐ中間領域。

テラスや土間、軒下空間など、多様な使い方ができる空間がある家。
「間のある家」は、人と人とのつながりや、家と庭との空間のひろがりを生み、家族と上質な時間をつくることができる魅力あふれる住まいです。

 

 

【健康住宅まるわかりツアー】

大進建設の住まいづくりの全てがわかる!
建築現場を1日で見学するツアーです。

今月は4月30日にオープンする「江木モデルハウス」を見学します。
グランドオープンに先駆けての特別公開!

その他、基礎工事中と構造現場もご覧いただきます。

開催日:4月24日(日)
時 間:出発10時・帰着15時30分
予約締切:4月19日(火)

大人気のツアーとなりますので、ご予約はお早めに!

健康住宅まるわかりツアーの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/event/14748.html

 

 

【南千木モデルハウスのご紹介】

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

【大進建設Instagram】

大進建設Instagramはこちら
https://www.instagram.com/dkensetu/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な写真!参考になる!と思ったら
いいね♡&フォローお願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2022.03.20(日)

頭金ゼロ(営業 津久井)

未分類

皆さんこんにちは。
営業の津久井です。

住宅ローンというものは、その仕組が複雑で、種類や取り扱う金融機関が多いことから、どれを選べば良いのかすら分からないという方も多いと思います。
そこで今回から数回に分けて住宅ローンの失敗例をいくつかご紹介したいと思います。

「頭金ゼロ」

住宅ローンを組む場合には、自己資金から頭金を出し、残りを住宅ローンで借りて家を購入するパターンが一般的です。
多くの頭金が用意できれば、それだけ借入金額が少なくなるので、毎月の返済に余裕ができます。

しかし近年では超低金利時代などとも言われており、返済負担が少なくなっていることから、頭金をあまり用意せずに住宅の購入に踏み切る方もいらっしゃいます。
よって、若い世代の方が早めに戸建て住宅を購入するケースも増えています。

実際に、現在のような金利の低さであれば、借入額が増えたとしても返済額にさほど大きな差が出ないと感じてしまうでしょう。

例えば「金利1.4%で4,000万円の家を35年ローンで購入する」場合を考えてみると、頭金を400万円用意した場合、毎月の返済額が「10万8,471円」で頭金ゼロの場合は「12万523円」となります。
つまり、月々で考えると1万円強の違いしかありません。

これを見ると「月々1万円なら問題ない」と考えてしまい、購入に踏み切る方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンを返済し続ける35年の間には、様々な家族の変化、生活の変化があります。
年収の減少、想定以上の教育費などの変化により住宅の売却が必要になり、その際に家を売ってもローンが返しきれない「担保割れ」も存在します。
残念なことに住宅は、人が住んだその瞬間に価値は下がります。
例えば頭金を入れていれば担保割れになるリスクを回避できるかもしれません。

次回は「団信未加入」についてお話します。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

新築営業 津久井

 

【2022年4月3日 江木モデルハウス プレオープン】
上毛新聞コンセプトホーム 前橋江木会場 内

大きく裾野を広げた赤城山に守られ、四季折々の美しい自然の景色が楽しめる前橋ローズタウンに 江木モデルハウス が誕生します。
「日々の暮らしを楽しむ」をコンセプトに、家の中に居ながら「安らぎ」と「ワクワク」を感じられる暮らしを提案するモデルハウスです。

当社江木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/blog/2022/0222_14376.html

上毛新聞コンセプトホームの詳細はこちら(企画運営:上毛新聞TR)
https://c-home-jomo.com/

 

【上毛新聞コンセプトホームとは?】
コンセプトで統一された 「くらせる展示場」
上毛新聞おすすめの住宅会社が、統一コンセプトでREALサイズのモデルハウス「コンセプトホーム」を本気で設計。
住宅展示場として期間限定で公開した後、分譲販売いたします。
上毛新聞コンセプトホームは各社の自信作が建ち並ぶ期間限定の展示場であり、それらが建ち並ぶ会場は、コンセプトに共感し、住まう人々が風景を分かち合って暮らす「街」でもあります。

【総勢15社が「間(ま)のある家」を提案する】
上毛新聞コンセプトホーム第一弾の会場は前橋江木。
「間(ま)のある家」をコンセプトに、大手ハウスメーカーから地元工務店まで総勢15社が腕を振るいます。
各社が自信をもって提案する“間(ま)”を、会場で比べてみてください。

【共通コンセプト/間(ま)のある家】
「ウチ」と「ソト」をつなぐ中間領域。

テラスや土間、軒下空間など、多様な使い方ができる空間がある家。
「間のある家」は、人と人とのつながりや、家と庭との空間のひろがりを生み、家族と上質な時間をつくることができる魅力あふれる住まいです。

 

 

【健康住宅まるわかりツアー】

大進建設の住まいづくりの全てがわかる!
建築現場を1日で見学するツアーです。

今月は4月30日にオープンする「江木モデルハウス」を見学します。
グランドオープンに先駆けての特別公開!

その他、基礎工事中と構造現場もご覧いただきます。

開催日:4月24日(日)
時 間:出発10時・帰着15時30分
予約締切:4月19日(火)

大人気のツアーとなりますので、ご予約はお早めに!

健康住宅まるわかりツアーの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/event/14748.html

 

 

【南千木モデルハウスのご紹介】

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

【大進建設Instagram】

大進建設Instagramはこちら
https://www.instagram.com/dkensetu/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な写真!参考になる!と思ったら
いいね♡&フォローお願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2022.02.20(日)

住宅ローンにかかる費用(営業 津久井)

未分類

皆さんこんにちは。
営業の津久井です。

注文住宅の建築には住宅ローンを利用する方がほとんどです。
今回は住宅ローンを契約する際にかかる費用をお話します。

 

 

印紙税
受託ローンの契約を結ぶ際には印紙税が必要となります。
500万円超~1000万円以下だと10,000円、1,000万円超~5,000万円以下だと20,000円など、税額が借入金額によって異なります。
税額の収入印紙を購入し、契約書に貼付します。

登記費用
金融機関から借り入れをする代わりに建物や土地に抵当権を設定する必要があり、そのために費用です。
登記手続きを司法書士や弁護士などへ依頼する場合はその費用も必要となります。

事務手数料
金融機関へ支払う手数料です。
住宅ローンの借入金額に応じて手数料が決まるケースと、借入金額に関わらず決められた金額を支払うケースとがあります。

保証料
住宅ローンで借り入れをする際に保証人を立てる代わりに支払う費用です。
100万円あたり25,000円程度が相場と言われており、3,000万円のローンであれば75万円程度必要と考えます。
金融機関や借入金額、契約期間などによって異なります。

団体信用生命保険料
住宅ローンの契約者が亡くなる、高度障害を負うなど万が一の際にローンの支払い義務がなくなる保険です。
住宅ローン契約時に一緒に契約することでがほとんどで、保険料もローンの金利に含まれていることが多いです。

火災保険料
住宅に対しての火災保険もローン契約と同時期に契約することになります。
保険料は保証内容や契約期間、オプションなどによっても異なります。

※住宅ローンに関わる費用は金融機関や商品、借入金額によって詳細や金額が異なりますので、詳しくは担当者までお問い合わせください。

 

次回は住宅ローンの失敗例についてお話します。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

新築営業 津久井

 

【南千木モデルハウスのご紹介】

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

【大進建設Instagram】

大進建設Instagramはこちら
https://www.instagram.com/dkensetu/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な写真!参考になる!と思ったら
いいね♡&フォローお願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・