大進建設

社員ブログ

2021.10.12(火)

スポーツの秋ですね(広報 吉田)

未分類

皆様こんにちは。管理部 ヨシダです。

10月11日は体育の日改めスポーツの日でございました。

が、今年はオリンピックイヤーという事で、祝日が移動、11日は平日となりました。

 

 

さて、スポーツやアウトドアが趣味のお施主様やお子さんがいるご家庭で、今、注目を浴びている間取りがあるのはご存知でしょうか。

 

 

それは、土間収納です。

玄関に広い土間を配置し、お好みによっては手洗い場なども設けて、スポーツやアウトドア帰りの土や泥のついた道具などを室内に持ち込まないような工夫をしています。

 

 

 

また、スポーツやアウトドアの道具をスッキリと収納するために、玄関わきに外物置を配置するのもおすすめです。

帰宅して室内に入る前に道具を収納できるので、「片付けは後回し…」にならず手早く整理整頓ができます。

 

 

こちらは番外編として…

室内に「うんてい」や「ブランコ」を設置される方も。

 

スポーツの日におすすめのお住まいでした(*’ω’*)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

 

 

2021.10.11(月)

秋の夜長(管理 栗原)

未分類

10月に入り

昼間は夏が戻った?と思えるほど暑い日もありますが

朝晩はすっかり秋らしい気候になりました。

 

10/21は【あかりの日】

普段なかなかできない照明器具のお掃除や電球交換をしてみてはいかがでしょうか。

照明器具を汚れたままにしておくと明るさが低下。

例えば、1年間お手入れをしないと明るさは約20%以上も低下。

ダイニングやキッチンなど汚れが付きやすい場所では

約40%も低下するといわれています。

照明器具を長年使用していると、器具のカバーや反射板などの劣化が進み

お手入れしても回復は望めなくなってしまい、いくら電力を消費しても

明るさは得られず、エネルギーと電気代の無駄遣いにつながってしまいます。

安定器や器具の絶縁材料も経年劣化しますので

照明器具は8~10年を目安にお取り替えをおススメします。

 

秋の夜長、明るいお部屋で静かに読書に耽る

な~んてのもいいですよね‼

 

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

2021.10.10(日)

現場が気になる!(営業 田中)

未分類

今日、午前10時~銀行手続きに行く前に現場の進捗状況を確認したいと思い、朝早々に各現場の進捗を確認してきました。

伊勢崎市三室町のS様邸

 

伊勢崎市南千木町のH様邸

 

伊勢崎市茂呂町H様邸

日曜日という事もあり大工さんを初め職人さんも休日。

現場が綺麗か?材料が整理整頓されているか?確認。

いつも綺麗にしてくださり感謝です!(現場が綺麗だと気持ちが良いです)

朝から気分爽快!!!

大工さん、職人さんありがとうございます。

 

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

 

 

営業部 田中

 

2021.10.05(火)

湿度をコントロールして快適な暮らしを実現するには・・・(総務 笈川)

未分類

皆様こんにちは、管理部の笈川です。

日中は暑い日が続いておりますが、朝晩はだいぶ涼しくなり

夏から秋へと季節が移り変わろうとしています。

 

さて、湿度というものは高すぎても低すぎてもよくありません。

人間が生活するための快適な湿度は40~60%とされています。

40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザウイルスも活動しやすくなります。

反対に70%以上になると結露やダニ、カビの発生が活発になります。

目に見える場所の結露ならまだ良いのですが、壁の中が結露するとカビなどが発生することがあります。

 

◆怖い壁内結露の話

壁内結露と言われる問題です。結露は空気中の水蒸気(水分)が気温差によって冷やされることで凝縮し、

水滴となって付着することを言います。湿度が高いほど空気中に含まれる水分量は多くなり、

温度が低いと空気中に含まれる水分量は少なくなります。

壁内結露というのは字のごとく外壁の中で起こっている結露のことで、普段目に見えない場所で発生しています。

冬、室内の暖かい空気が壁の中を通って外に移動する過程で冷やされ、断熱材や木材が「結露」し、

カビの発生・木材の腐食の原因となり、住宅の耐久力の低下や、住宅の寿命に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

◆湿度をコントロールするには?

では、湿度をコントロールするにはどのようにしたら良いのでしょうか。

湿度を上げるには、室内に洗濯物や濡れタオルを干したり、加湿器や観葉植物を置いたりします。

湿度を下げるには除湿器を使用したり、窓を開けて換気をするのが効果的です。

室内に外気を取り込むことで、湿度を最適な状態に戻すことができます。

また、自然素材を使った室内では、自然素材自体に調湿効果があるため、

多湿になると湿気を吸い取り、乾燥してくると湿気を吐き出します。

自動的に人間の住みやすい状態に保ってくれるのです。

 

 

大進建設の南千木モデルハウスは、自然素材をふんだんに使って作られており、

湿度を快適にコントロールしてくれます。

比較するために「普通の部屋」をご用意しておりますので、

自然素材を使用した部屋 と 普通の部屋 の違いを肌で感じて是非比べてみてください。

 

南千木モデルハウスの詳細はこちら
https://www.dkensetu.co.jp/exhibitionroom/

大進建設You Tubeチャンネルで南千木モデルハウスのショートムービーも公開中
https://www.youtube.com/watch?v=u9H_HeS0dC0&t=6s

2021.10.04(月)

カーテンを新しくしようかと(広報 高田)

未分類

みなさんこんにちは。
毎日過ごしやすくなりました。昼と夜の気温差も大きくなってきましたので
体調を整え毎日元気に過ごしたいものです。
あと1ヶ月もすれば、暖房器具の出番???
1年間で一番光熱費がかさむ冬がやってきますね。
暖房効率を少しでも上げる工夫をして寒い冬を乗り切りましょう。

我が家では冬に向けてカーテンを新しくしようと思っています。
冬は結露に悩まされる寒いリビング。暖房してもなかなか部屋が暖まりません。
それは、窓から熱が逃げているのが原因のようです。アルミサッシや一枚ガラスの窓は
熱を伝えやすく断熱性がほとんどないので室内の熱の半分が窓から逃げるといわれています。

熱が窓から逃げるのを防ぐ手軽な方法のひとつに、カーテンを断熱性の高いものにする方法があります。
厚手のカーテンや裏地付きのカーテン。カーテンボックスもあるとさらに断熱効果がアップとか。
カーテンの丈は床に届くくらいがベスト。
昼はカーテンを開け暖かい日差しを取り込み、日が沈む前に

カーテンを閉めできるだけ熱を逃さないようにしましょう。  引用元:リフォーム楽々通信

お知らせ
2021年11月27.28日(土日)
伊勢崎市南千木町
予約制 完成見学会開催

太陽光と蓄電池の創畜連携住宅の平屋の住まい
只今、準備中です。詳細は決定次第ホームページにてご案内させていただきます。
https://www.dkensetu.co.jp/