現場品質のこだわり

現場品質のこだわり
私たちは何よりも品質が大切だということを知っています。
だから伝えたい。

品質管理には、自社における品質基準とそれをチェックする体制が必要不可欠です。
「うちの職人は腕が良いから」「第三者機関に要所をチェックしてもらっているから」と他人任せで出来ることではないのです。

自分たちの家をつくるのと同じ思いで、お客様の家をつくりたいと思うから、
現場品質を大切にいたします。

厳格な品質チェック

品質の良い家とは
床は平らで、柱はまっすぐ

家が平らかどうかは「基礎天端」という数値で測ります。
一般的な基礎天端許容誤差は±3mmですが大進建設では±1mmを徹底しています。

また構造躯体(骨組み)が水平垂直であるかどうかを測定し品質確保を徹底しています。(3/1000mm以内の基準)

実際の現場品質を公開

構造ツアーなどで施工中の現場品質を確認していただけます。
ぜひ、ご自身の目で確かめてください。

品質報告書

お客さまには「品質報告書」をお渡ししています。
お仕事などでなかなか現場を確認できない、監督と会えないお客様も多くいらっしゃいます。
そんな方にも喜ばれております。

「丁寧に心を込めた住まいづくり」なによりこれが、私たちが大切に思っていることだからです。

現場きれいの取り組み

良い家づくりは現場に現れる

大進建設は建物の品質はもちろん家づくりの現場の環境整備に関しても手を抜きません。

お客様はもちろん職人、そして近隣住民の方々が気持ちよく家づくりできるように環境を整備しています。

現場がきれいなのは当たり前

お客様だけでなく近隣住民の方々が気持ちよく家づくりするために気を配っています。

そのために現場環境を整備するのは当たり前です。
現場管理がひどく近隣住民から苦情が来るなどあってはいけないのです。