性能のこだわり

性能のこだわり
私たちは地元群馬県の特性を把握し
快適に暮らす性能を知っています。
だから伝えたい。

群馬県は関東平野の北西部に位置する内陸地方で全国的にみても夏は高温で湿度が高く、
冬は空っ風の影響で寒く、非常に乾燥する地域です。また、全国的にみても日照時間が長いのも特徴です。

全国どこでも同じ建物を建てるのではなく、地域の気候風土を理解した上で
快適に暮らすために必要なことへの取り組みをおこないます。
比較的、地震や災害が少ないといわれる群馬県ですが、
万が一の時でも、ご家族が安心して暮らせる住まいづくりをご提供いたします。

性能の5つのポイント

ポイント1

建物の気密・断熱性能

断熱材には隙間なく充填できるウレタンフォーム吹付け、サッシには耐候性、断熱性に優れたものを採用し、気密性・断熱性に優れた建物をご提供しています。

ポイント2

日射の取得、遮蔽(しゃへい)を考慮した設計

建築地の近隣の建物等の影の影響を調べ、冬は太陽の熱を積極的に取り入れ、夏は、太陽の熱を極力建物に入れない工夫をおこないます。

ポイント3

風の流れを考えた設計

風通しのよい家は、心地よさや建物の寿命、そしてダニやカビの発生を抑える効果があります。同じ群馬県内でも、地域によって、季節によって風が吹く方角や強さは異なります。地域による風の特性、窓の配置、窓の種類、間取りのつくり方によって風の流れを考えた設計をおこないます。

ポイント4

内装素材による違い

多孔質で空気を多く含む無垢の木の床材は保温性にも優れています。
一般的に使用される合板フローリングのように真冬、床からの底冷えを抑えてくれるので、冷え性の方にもおすすめです。

ポイント5

湿度コントロール

夏のジメジメ、冬のカラカラ!快適さには湿度コントロールが鍵となります。調湿機能を持つ木や漆喰、珪藻土などを用いて、自然の力で室内環境をよくしています。快適な湿度を保つことによって、お肌の調子がよくなったり、風邪を引きにくい状態にもなります。

耐久性

大進建設オリジナルの「耐家工法」は柱を従来の木造軸組み工法の2倍以上を使用すると共に、建物全体を耐震性、防火性、調湿性に優れたパネルを組み合わせた軸組工法とパネル工法の長所を合わせ持つハイブリット工法です。間取りの自由度を保ちつつ地震や火災に強く、また建物の長寿命化を考えた構造となっています。

従来工法

ハイブリット耐家工法