自然素材のこだわり

自然素材のこだわり
私たちは素材の違いによる暮らしの快適さの違いを知っています。
だから伝えたい。

身近なところで言えば羽毛布団と羊毛布団。
布団カバーに覆われてしまえば見た目は一緒ですが、羽毛布団は保温性、調湿性、
また、軽やかなかけ心地で羊毛布団よりも上質な睡眠をもたらします。
住宅も一緒で、「ビニールクロス、合板フローリング」の一般的な住宅と「漆喰、無垢材の床」の住宅では、
保温性、調湿性、匂い、肌触り、化学物質による不快感、健康被害等・・・自然素材の力でカラダもココロも癒してくれます。

自然素材のこだわり

無垢材の床に触れてみると、まず、その優しさやぬくもりが伝わってきます。
まるで森にでもいるかのような木の香りがします。
長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力がましていくとともに、いつまでも長持ちし、機能的で、使うほどに愛着が湧いてきます。

調湿効果

人が健康に暮らすためには室内の湿度は重要です。
湿度環境で体調が大きく左右されるといっても過言ではありません。

快適湿度とは40%~60%と言われています。
群馬県の冬は湿度が低く40%を大幅に下回る事が多々あります。
そうすると肌乾燥、ドライアイ、
インフルエンザウイルスの活性化が起こってきます。

その反対で夏場は、湿度が非常に高く60%を超える事が多くなります。
そのため室内にカビの発生やダニなどの繁殖が起こりやすくなります。
体感的にも湿度が低いと寒く感じたり、湿度が高いと不快感が増します。

大進建設では、調湿効果を持つ木材や漆喰、珪藻土を使用しています。
湿度40%〜60%を保とうとする自然素材の性質を利用し、自然の調湿効果で室内環境を良くしてくれます。