自然素材のこだわり

自然素材のこだわり
私たちは素材の違いによる暮らしの快適さの違いを知っています。
だから伝えたい。

身近なところで言えば羽毛布団と羊毛布団。
布団カバーに覆われてしまえば見た目は一緒ですが、羽毛布団は保温性、調湿性、
また、軽やかなかけ心地で羊毛布団よりも上質な睡眠をもたらします。
住宅も一緒で、「ビニールクロス、合板フローリング」の一般的な住宅と「漆喰、無垢材の床」の住宅では、
保温性、調湿性、匂い、肌触り、化学物質による不快感、健康被害等・・・自然素材の力でカラダもココロも癒してくれます。

自然素材のこだわり

無垢材の床に触れてみると、まず、その優しさやぬくもりが伝わってきます。
まるで森にでもいるかのような木の香りがします。
長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力がましていくとともに、いつまでも長持ちし、機能的で、使うほどに愛着が湧いてきます。

調湿効果

人が健康に暮らすためには室内の湿度は重要です。
湿度環境で体調が大きく左右されるといっても過言ではありません。

快適湿度とは40%~60%と言われています。
群馬県の冬は湿度が低く40%を大幅に下回る事が多々あります。
そうすると肌乾燥、ドライアイ、
インフルエンザウイルスの活性化が起こってきます。

その反対で夏場は、湿度が非常に高く60%を超える事が多くなります。
そのため室内にカビの発生やダニなどの繁殖が起こりやすくなります。
体感的にも湿度が低いと寒く感じたり、湿度が高いと不快感が増します。

大進建設では、調湿効果を持つ木材や漆喰、珪藻土を使用しています。
湿度40%〜60%を保とうとする自然素材の性質を利用し、自然の調湿効果で室内環境を良くしてくれます。

空気環境の改善

空気環境の悪さにより健康被害(シックハウス等)をもたらすことは一般的に知れ渡った事ではありますが、逆に良い空気環境での暮らしが、住まわれる人にとって良い影響を与えることについてはまだまだ認知されていないのが現実です。

酸化と抗酸化

「酸化」とは物質から電子を奪う状態の事を指し、鉄がサビる、モノが腐るといった現象の事です。 反対に「抗酸化」とは「酸化」した物質に電子を与え、元の安定した状態にします。

「抗酸化」の空気環境では、血流の改善や自律神経のバランスが整えられ、冷え性の改善、睡眠の質の向上、便秘の解消、アレルギーの緩和などが見受けられます。( 個人差による)

「いやしろの住まい」~家族の健康を第一に考えた住まいづくり~

大進建設が提供する「いやしろの住まい」は、抗酸化環境を作り出すために、いやしろの技術(いやしろ炭埋設工法 + 微粉炭添加基礎工法 + SOD工法)を標準装備すると共に、自然素材の活用、自然の力を活かしたパッシブ設計の相乗効果で家族の健康を第一に考えた住まいづくりを行います。
※パッシブ設計とは:通風や太陽の熱など自然エネルギーを利用して心地よく暮らせる住まいをつくるための設計手法のこと

お客様の声

暖かさは全然違いますね。
特にアパートの床は合板のフローリングで、この家は無垢材。
アパートの時は立っていられないほど床(足)が冷たかったです。

空気がとっても爽やかです。
夏、実家やアパートはモワッとしてて、冬はキンキンに凍るように冷たくて。
でもこの家は一年中サラッとしています。
さすがに冷暖房無しは無理ですが、ここ(リビング)のエアコンを1台つけておけばOKで、エアコンをつけている部屋とつけていない部屋の温度(体感温度)には差がないです。

アパートの時は独特の臭いがありました。
でもこの家は空気が透き通っている、空気が澄んでいるという感じ。

私はアトピーで、毎年この時期(夏)は大変でした。
でもこの家に住んで今は全然アトピーが出ないです。
たまに少し出るくらいで、やっぱり違うのかなと思っています。

空気の違いはすごく感じます。
アパートと比べてにおいがこもらない感じがします。
今は猫を飼っていますが外から来た人は動物臭がしないと言いますね。