採用情報

大進建設で働く魅力

  • 1人ひとりの得意分野を伸ばし
    個性を活かせる

    個人が持つ強みや個性は人それぞれ。大進建設は個人の強みを発揮できる会社づくりを心がけています。

  • 人間性形成と実施習得
    両輪の教育システム

    専門知識を学ぶ研修はもちろん、社会人としてのあり方を学ぶ研修など、さまざまな教育カリキュラムで人として成長できます。

  • 創業95年、設立47年
    地域に必要とされる企業を目指す

    私たちは住まいづくりを通して「カラダとココロに心地よい健康な暮らし」を提供しています。これからも地域に必要とされる永続企業を目指します。

先輩社員の紹介

  • 木村 祐輝新築事業部営業課

  • 内田 侑輔新築事業部工事課

  • 鈴木 加奈枝新築事業部設計課

  • 小菅 尚紀新築事業部工事課

木村 祐輝新築事業部営業課

先輩社員インタビュー

Q1.入社年を教えてください
A1.2015年
Q2.なぜ大進建設に入社を決めましたか
A2.専門学校で建築について学んでいました。
自分の理想とする家(住まい)と、大進建設が考える住まいづくりが同じで合点がいきました。
応募の前に見学させてもらったモデルハウス(南千木町)の心地よさに感動して、直に履歴書を書き応募しました。
Q3.営業職のやり甲斐を教えてください
A3.かっこ良く言えばプロデューサーです(笑)
営業職がお客様と出会い、お客様がイメージしていた住まいを設計、工事、現場の職人さんがカタチにしていく。
そして完成した時、お客様が喜んでおられる姿を拝見し、実はお客様以上に「ヤッター!出来たー!」と感動しています。
Q4.あなたが思う大進建設らしさとは
A4.社員も現場の職人さんも、大進建設がつくる住まいと同じで“あたたかい”厳しい仕事の中で、いつもその“あたたかさ”を感じられるところが大進建設のらしさだと思います。
Q5.入社前の自分と入社後の自分、変わったと思うところを教えてください
A5.お客様の住まいづくりを進めていく為には段取りが必要不可欠です。
もともと物事を決めるのは得意では無かったのですが、自分が迷っていてはお客様も迷わせてしまうので、仕事を通じで決断力がついたと思います。
Q6.これからどんな自分になりたいですか
A6.今はとにかく沢山のお客様とお会いして、お一人お一人としっかり向き合うこと。
そして、営業職であってもやはり現場が大事なので、現場の職人さんや現場監督との関わりを深めていきたいです。
Q7.面接、会社訪問のマナーで気をつけたほうがいいこと
A7.挨拶と笑顔は大切だと思います。
家庭でも、お客様の前でも、社内でも、挨拶と笑顔はあって損は無いと自分は信じています。
だって、家族や友人、自分のまわりの人に笑顔が無かったら、挨拶をしてくれなかったら嫌じゃないですか?

閉じる

内田 侑輔新築事業部工事課

先輩社員インタビュー

Q1.入社年を教えてください
A1.2007年
Q2.仕事の内容を教えてください
A2.新築物件の現場が自分の仕事場です。
施工管理、工事着手から竣工までの業者さんの手配、材料発注、安全品質管理、お客様との現場打合せ、お引き渡し後の住まいの定期点検が主な仕事内容です。
Q3.なぜ大進建設に入社を決めましたか
A3.就職を考えているとき、たまたま大進建設のホームページの社員ブログを見て「アットホームな会社だなぁ」と感じ、「自分もここの仲間に加わりたいなぁ」と思い応募しました。
面接で何名もの先輩社員、上司に会いましたが、そのイメージが変わらなかったので、どうしても入社したいと思いました。
Q4.だからこの仕事が好き!嬉しかったことにまつわるエピソード
A4.難しいことや特殊な物が出来上がった時。
注文住宅(オーダーメード)なので、同じ家(工事)はありません。
自分が経験していない事や苦手な事に直面した場合は、いつも以上に設計との綿密な打合せを行います。
図面、仕様書の確認、職人さんや協力業者さんとの現場打合せ、材料手配へと進めていきます。
そして、実際に上手く仕上がり納まったときは本当に本当に嬉しいです。
Q5.あなたが思う大進建設らしさとは
A5.お客様想い、職人さん協力業者さん想いの会社だと思います。
Q6.入社前の自分と入社後の自分、変わったと思うところを教えてください
A6.責任感です。
もちろん上司や先輩のサポートはありますが、現場で起こる全てのことは自分の責任にあると思い、一つ一つ責任感を持って取り組むようになりました。
Q7.これまでのキャリアとこれからのキャリアプランニング
A7.入社から1年間は上司や先輩の現場に同行して現場管理を学びました。
2年目からは自分の現場を持ちました。現在までで約80棟を担当しました。
そして今後の自分は、これから入ってくるまだ見ぬ後輩を指導していく者として、自分が先輩や職人さん、協力業者さんから学んだことを継承していきたいと思っています。
Q8.就活生へのメッセージをお願いします
A8.自分はとてもあがり症なので、面接でとても緊張していたのを覚えています。
普段通りの自分でいいと思いますよ。
建設会社、工務店、ハウスメーカーなど家をつくる会社はたくさんあります。
自分が働く姿をイメージして、いろいろな会社を見て比べてみてください。
その中で大進建設を選んでもらえたら嬉しいです。一緒に働きましょう!

閉じる

鈴木 加奈枝新築事業部設計課

先輩社員インタビュー

Q1.入社年を教えてください
A1.2005年
Q2.仕事の内容を教えてください
A2.間取り確定後、建物の内外装のデザインをご提案し、お客様と打合せを行いながら仕様を決めていきます。
Q3.なぜ大進建設に入社を決めましたか
A3.お客様のライフスタイルに合わせて住まいづくりを行っているから。
Q4.あなたが思う大進建設らしさとは
A4.お客様にとって何が大切か、望んでいることは何か、そしてご要望以上のご提案をしたい、するのが大進建設だと思います。
Q5.入社前の自分と入社後の自分、変わったと思うところを教えてください
A5.チームワークの良い会社だからこそ「責任」という言葉を強く意識することが多くなりました。
仲間を大切にして、真剣に仕事をしようと考えるようになりました。
Q6.これまでのキャリアとこれからのキャリアプランニング
A6.営業アシスタントとして入社しました。
その後、以前から興味があったインテリア資格を取得し、設計課のコーディネ—ターとして働いています。
これからもスキルアップしていきたいと考えています。
Q7.面接、会社訪問のマナーで気をつけたほうがいいこと
A7.笑顔を大切にしましょう。
第一印象というのは身だしなみはもちろんですが、やっぱり笑顔が大切です。
そして、この会社に入って何がしたいのかを明確にし、面接や会社訪問を行うといいと思います。

閉じる

小菅 尚紀新築事業部工事課

先輩社員インタビュー

Q1.入社年を教えてください
A1.1998年
Q2.仕事の内容を教えてください
A2.新築の現場管理(現場監督)です。
安全、品質、工程管理、現場でのお客様打合せ、立合い確認。
職人さんとの打合せや資材の発注など。
Q3.工務職(現場監督)のやり甲斐を教えてください
A3.そのお客様だけに作られた素晴らしい図面と、職人さんと一緒に造りあげていく。こんな素晴らしい仕事は他には絶対に無いと思っています。本当です。
Q4.なぜ大進建設に入社を決めましたか
A4.東京の専門学校で2年間建築を学び、地元で働きたいと思い色々な就職説明会に参加しました。
建設会社、ハウスメーカーなど何社か話を聞きましたが、大進建設に決めた理由は企業理念に共感したからです。
地元に密着している企業ということも決め手になりました。
Q5.あなたが思う大進建設らしさとは
A5.社員同士の仲が良い会社です。
そこに職人さん、協力業者さんも加わる一体感が好きです。
Q6.入社前の自分と入社後の自分、変わったと思うところを教えてください
A6.人と話をするのが苦手でした。
しかし入社してからは、社内で社員や先輩上司と、現場で職人さんと、お客様と、朝から晩まで一日中誰かと話をする機会が多いことから、今では話し好きに変わりました(笑)
Q7.面接、会社訪問のマナーで気をつけたほうがいいこと
A7.時間に余裕をもつこと。言葉づかいに気をつけましょう。
Q8.就活生へメッセージをお願いします
A8.住宅が好き、物をつくるのが好きな方。
何よりもやる気がある方、一緒に働きましょう!待ってます!

閉じる