設計のきづかい

設計のこだわり
私たちは設計を行う上で
入念な敷地環境調査が必要不可欠だということを知っています。
だから伝えたい。

お医者さんが薬を処方する前に、問診や検査を行うのと同じように、住み心地の良いプランをつくるには、
事前に建築地の環境、および周辺環境の調査(敷地環境調査)を入念に行う必要があります。

住み心地は外部からの視線や隣家の影の影響、日当たりの状況、風向き、眺望などの影響を大きく受けます。
私たちは「お客様のご要望+プロとして敷地環境にきづかった設計提案」によって
「たった一つの敷地にたった一つのご家族のための」ベストな住まいづくりを行います。

プランに入る前の敷地環境調査
こんなことを気にかけてます。

建築予定地の周辺(更地)に将来どんな家が建つか気にしたことありますか?

周辺が更地ということで何も気にせず家の計画をしてしまうと、将来「視線」や「日当たり」の問題でトラブルが出てしまいます。そういったことを防ぐためにも敷地環境調査を行います。

建築予定地の夏と冬の風の向きって知っていますか?

地域によって風の向きが微妙に違ってきます。その微妙な風向きを調べて家の中に効率よく風を送り込めるよう窓の計画をします。

周辺の家の影の影響について意識したことはありますか?

建築予定地の周辺の家の位置を確認し、影の動きを調べて家の計画をしていきます。敷地環境調査をし、周辺環境を知ることで「日当たりの悪いリビング」にならないよう計画をします。

隣の家の窓、気にしたことありますか?

窓の位置が同じ高さでカーテンを閉めたままの家ってありますよね。そういったことにならないようにする為にも事前に周辺環境調査が重要となります。

雨が降っているときの生活動線を考えたことがありますか?

傘を差したり閉じたりするときに濡れない玄関ポーチ、洗濯物が濡れない工夫など、いろいろな生活動線を考えて計画します。

建築計画の中でも毎日おこなう洗濯物を干す場所って大切です。

風の強い地域でもある群馬県。周辺の環境によっては砂埃で悩まさせることがあります。その環境を見極める為にも敷地環境調査が必要になります。

家の窓から見える景色を意識していますか?

窓も計画によって目に入る景色が違います。敷地環境調査を行うことで周辺の景色を確認し最適な位置の窓をご提案させていただきます。見たくない景色を外し、公園や隣の敷地の木々、遠い山々、青い空など借景として取り入れてみませんか?

散歩をしている時や車が信号に止まっている時、そこから見える建物の部屋の中が目に入り気になったことはありませんか?

部屋の南に大きな窓を設ければ開放的になると思いがちですが、逆に外からの視線が気になり開放しづらい窓になってしまうことがあります。そういったことを防ぐ為にも敷地に合わせて計画をします。

時間帯によって変わる交通量を気にしたことがありますか?

交通量が多いときでも、車が出入りしやすい向きの止め方を考えて駐車計画を考えます。

建物の裏にはどんなときに行きますか?

むやみに建物の裏に出入り口を設けるのは防犯上好ましくはありません。ゴミステーションへの動線を考えて勝手口を設けましょう。敷地環境調査で周辺を確認し、ご提案させていただきます。

その敷地の風向きは周りの建物の影響をうけていませんか?

周りの建物の配置によってはその敷地に流れる風の向きは変わってきます。その風をうまく取り入れるよう窓の形状を考えます。

隣の家の室外機や、給湯器の位置を気にしたことがありますか?

室外機や給湯器の近くに窓を設ける場合は窓の大きさや、取り付ける高さなどを調整して音を軽減させましょう。